本文へジャンプ
MUCU ONLINE STORE – TOPICS

CATEGORYPRODUCTS

2011.6.7
〈 MUCU ONLINE STORE 〉 新商品追加しました。

直径8mmの円柱棒から、日本の職人の手で一本一本、
丁寧に削り出しで作成したメタリックボールペンシリーズ。
定番の 〈 ブラス 〉 と 〈 スティール 〉 に加え、
〈 ブロンズ 〉 と 〈 アルミニウム 〉 の新素材が仲間入りしました。
METALLIC BALLPOINT PEN BRONZE
140mm*8mm / 約55g

〈 ブロンズ 〉 は、10円硬貨にも使用されている、銅と錫の合金で青銅といわれます。
独特の赤みがかった色は、時間とともに落ち着いた渋みのある色へと変化していきます。
また、他の3素材と比較して、素材自体の質量が高いため同じ設計でも、
ずっしりとした手応えのある書き心地です。
ちなみに私は、存在感のある重さの筆記用具好みなので、
この 〈 ブロンズ 〉 を使用しています。
METALLIC BALLPOINT PEN ALUMINUM
140mm*8mm / 約20g

〈 アルミニウム 〉 は軽量さと強靭さから、
1円硬貨から飛行機等の構造部まで幅広く使用される素材です。
この素材の面白いところは、空気に触れると酸化膜という透明の膜ができ、
その美しい輝きが長く楽しめるという点。
他の3素材のなかで最軽量の20gで、軽い筆記用具がお好みの方に最適な素材です。

全部で4素材となったメタリックボールペンシリーズ。
その素材しか持ち得ない、質感や色、経年変化の様、重さの違い。
素材そのままの魅力を堪能いただけます。
また、専用ボックス付きなのでギフトとしてもお勧めですよ。

〔 METALLIC BALLPOINT PEN BRONZE 〕 http://mucu.jp/#/products/BP-MBZ
〔 METALLIC BALLPOINT PEN ALUMINUM 〕http://mucu.jp/#/products/BP-MAL

2011.5.16
〈 STANDARD BOOKSTORE 〉 のこと。

大阪 〈 STANDARD BOOKSTORE 〉 は
国内書籍や、海外書籍まで幅広いジャンルの取扱いはもちろん、
雑貨やステショナリーまで揃っている、興味深い本屋さん。

そして、本好きとして、なによりたまらないのが、
〈 STANDARD BOOKSTORE 心斎橋店 〉に併設されるカフェに
販売している本を持ち込んで、購入の検討が可能だということ!!!
都内でも、閲覧用の椅子が用意されている様な本屋さんはありますが
カフェ持ち込みOKまではなかなか・・・。
こんな本屋さんがある大阪の方。心底うらやましいです。
都内に進出してくれることを、強く強く願おう。

さて、そんな魅力的な本屋さん  〈 STANDARD BOOKSTORE 〉 の新店舗
〈 STANDARD BOOKSTORE 茶屋町店 〉 のオープンを記念したノベルティーをつくりました。
ちなみに・・・どっさり並んだ姿もなんだかとても素敵だったので。
尚、ノベルティーは数に限りがございますので、あらかじめご了承ください。

ちなみに 〈 MUCU 〉 の製品も心斎橋店、茶屋町店ともにお取扱いいただいています。
是非、お立ち寄りくださいませ。

〔 STANDARD BOOKSTORE 茶屋町店 〕 http://blog.livedoor.jp/standardbookstore_c/
〔 STANDARD BOOKSTORE 心斎橋店 〕 http://www.standardbookstore.com/

2011.4.24
〈 JOURNAL STANDARD 〉のこと。

〈 JAURNAL STANDARD 二子玉川店 〉 のオープンを記念したノベルティーをつくりました。

定番製品ポケットリングノートに 〈 JAURNAL STANDARD 〉 のロゴを、
ひとつひとつハンドスタンプで施しています。

個人的な思い出になりますが・・・
学生の頃、〈 JAURNAL STANDARD 〉 で、高校生の頃からずっと欲しかった
Tricker’s のブーツをアルバイト代をはたいて買った時のこと。
同じものを持っているというスタッフの方が、メンテナンスの方法を丁寧に教えてくださって。
そのメンテナンスのお陰で、10年以上経った今でも良いコンディションを保っています。

あの時のお礼の思いも込めて、丁寧にスタンプ押し。
とても楽しいお仕事でした。

尚、数量に限りがございますので、あらかじめご了承くださいませ。

〔 JAURNAL STANDARD 二子玉川店 〕 http://journal-standard.jp/news_events

2011.2.8
〈 quatre saisons * MUCU ノート 〉 のこと。

生活用品を提案するショップの老舗中の老舗 〈 quatre saisons 〉 。
フランスの空気や四季を彩りを感じる生活用品。
暮らしに取り入れたくなるディスプレイ。
素敵なスタッフの皆さんの丁寧な接客。
いつ伺っても居心地が良くて、ついつい長居してしまうお店です。

そんな素敵な 〈 quatre saisons 〉 さん で
〈 quatre saisons * MUCU ノート 〉 を数量限定で販売いたします。
ワラ入りでざっくりとした手触りとノスタルジックな表情が魅力的な
〈 ストローボード 〉 を表紙に使用した、人気のブランクノートとポケットリングノート。
定番よりも、優しく温かな表情仕上っています。
裏面には、嬉しい 〈 quatre saisons 〉 のロゴをひとつひとつハンドスタンプで。
〈 quatre saisons * MUCU ノート 〉 は、全国の 〈 quatre saisons 〉 で2月より展開です。
ぜひご覧下さい!

〔 quatre saisons 〕 http://www.quatresaisons.co.jp/
〔 〈 MUCU 〉の仕事 ① NB-B ブランクノート 素材編 〕 http://mucu.jp/topics/2010/11/
〔 〈 MUCU 〉の仕事 ② NB-B ブランクノート 加工編 〕 http://mucu.jp/topics/2010/11/%

2010.12.28
〈 MUCU 〉の仕事 ③ RN-Cレザーリングノート 前編

予定よりUPが遅くなってしまいましたが・・・
〈 MUCU 〉の仕事③はスタッフ全員が使っている程、思い入れの強いレザーリングノートです。
A5サイズの 〈 レザーリングノートL 〉 とA6サイズの 〈 レザーリングノートS 〉 の2サイズで、
色はブラウンとブラックの2色。
中紙は 〈 更紙 〉 と 〈 フールス紙 〉 の2種類をご用意しています。(フールス紙はLサイズのみ)
また専用ボックス付きで、性別や年齢を問わないギフトとしても、人気の製品です。
実はこのノートの企画段階で、私達はかなりの量の革素材を見て歩きました。
そして沢山の革を見ているうちに、強く心に残ったものが歴史を刻む様な革の傷やしわ。
革屋さんが「普通は使い物にならないから落としちゃうんだよ。」と言う、
生き様を物語るこの傷やしわも含め、この素材の個性なのではないかと考えました。
同時に、消耗品になりがちなノートですが、使い込む程に柔らかさや味わいが増し
唯一の表情に変化していく革本来の魅力を活かしたノートにしたいと思いました。
その革の魅力を最大限に活かすために、考えて考え抜いて生まれたのがレザーリングノート。
ですから革の個性と考える、傷やシワはもちろん落とさずそのまま表紙に使用しています。
ちなみに、革を広げていつも面白いなと感じるのが、同じものがないこと。
その面白みを最大限に引き出したくて、毎回革の個性を見極めながら1枚1枚ハンドカットしています。
この写真の革は、通称 〈 一癖タイプ 〉 と読んでいる、キズやシワが特に個性的なもの。
今では「革の表情に一癖あるもの!」と希望されるお客様が意外な程多くなり、嬉しく思っています。
この 〈 一癖タイプ 〉は、半頭分の革から多くて3冊分とれるかとれないか。
いつも在庫があるとは限りませんが、ご希望の方はご要望欄に
〈 一癖タイプ 〉 とご記入の上、ご注文ください。
なるべくご希望に添えるようなものを、こちらでじっくりとピックアップいたします。
実は私達スタッフも、この〈 一癖タイプ  〉 の革表紙のものを愛用。
表紙で誰の物か、すぐに見分けがつくのです。
ちなみにこのノートは、使い込まれて味わいを増していく革の変化を楽しんでいただくために
ご使用後中紙を入れ替える、用紙入替えサービスをご用意しました。
この用紙入替えサービスに関しては後編で詳しくご紹介しますね。
表紙は革の表情を楽しめるよう、シンプルにロゴの空押しのみを施しています。
このアメリカ製の無骨な箔押し機は、工場で捨てられそうになっていたものを、引き取ってきたもの。
その時はまだ 〈 MUCU 〉 の立ち上げすら考えていなかったのですが、
今では、あれに。これに。と、大活躍している、大切な存在なんです。
で。イギリス製の製本機でスタッフの手でひとつひとつ丁寧に製本を行っています。
製本で使用するダブルリングは錫引きタイプ。
実はこの錫引きダブルリングも私達のこだわりのひとつです。
流通しているダブルリングは金属のように見えても、ビニールコーティングされているものがほとんど。
そんな中でこの錫引きタイプはビニールコーティングされていないダブルリング。
時間とともに、渋みのある色へとゆるやかに変化していき、革の経年変化を引き立てます。
もともとは業者さんに依頼して組み立て済みの状態で納品を考えていた専用ボックスですが、
どうしても使いたかったテープを使ってのマシンでの組み立てが難しいことが判明。
それならば・・・ということで、スタッフの手でひとつひとつ組み立てています。
中紙は 〈 更紙 〉 と 〈 フールス紙 〉 の2種類の素材をご用意しています。いずれも方眼タイプ。
懐かしいわら半紙の雰囲気を持った 〈 更紙 〉 は、軽さや独特表情や書き心地が魅力的な素材。
ペンの種類によっては、滲みや掠れが出る場合もありますが、
それもまたこの素材のもつ魅力と、私達は考えています。
フールス紙に関しては、先日詳しくご紹介させていただきましたので、ここでは省略。
詳しくは12/ 18更新のTOPICSをご覧ください。

〈 MUCU 〉の仕事 ④ RN-Cレザーリングノート 後編は用紙入替えサービスについて、
詳しくご紹介します。お楽しみに!

〔レザーリングノートS〕 http://mucu.jp/#/products/RN-CS
〔レザーリングノートL〕 http://mucu.jp/#/products/RN-CL
〔レザーリングノートL フールス紙〕 http://mucu.jp/#/products/RN-CFL
〔 新商品?〈 レザーリングノート フールス紙 〉 のこと。〕 http://mucu.jp/topics/2010/12/

RSS