本文へジャンプ
MUCU ONLINE STORE – TOPICS

CATEGORY RN-CF レザーリングノート フールス

2011.7.13
〈 ISOT 国際文具紙製品展 〉 ご来場ありがとうございました。②

今回の 〈 ISOT 〉 で紹介した新商品は2012年のカレンダーやダイアリーです。
2012 CLAMP CALENDER
今回一押しの新作。デスクタイプのカレンダーです。
これは土台となる木の素材から留め金となる金具まで、お伝えしたいことが沢山。
とても長くなりそうなので、別の機会に詳しくご紹介しますね。

2012 WALL CALENDAR – DAYS
こちらはMUCUの定番、ウォールタイプカレンダーの2012年版。
日本の祝祭日でつくっているのですが、なぜだか海外でも人気。
昨年もアメリカ、イギリス、フランス、カナダ等に出荷したカレンダーです。

2012 LEATHER RINGNOTE – SCHEDULE
人気のレザーノートにダイアリータイプが新作として加わりました。
レザーノートをお使いのお客様から、ダイアリーが欲しい!
とのお声を以前よりいただいたのですが・・・
じっくり練り上げて、ようやく製品化に漕ぎ着けました。
こちらもレザーノート同様に、2012年版が使い終わったあと、
2013年版の用紙の入替えサービスをご利用いただけます。
こちらも別の機会に詳しくご紹介しますね。

LEATHER RINGNOTE – CAMEL
人気のレザーリングノートに新色キャメルが加わりました。
定番のブラックやブラウンと比較しても、経年変化をより一層楽しめるカラーです。
こちらは近日中に 〈 MUCU ONLINE STORE 〉 に新商品として紹介する予定です。

2012 POCKETBOOK – SCHEDULE
昨年、沢山の方からお問い合わせをいただいたこのダイアリー。
〈 MUCU ONLINE STORE 〉 で販売する前に新色のイエローやオリーブが
完売してしまい、ご迷惑をおかけしました。
今回は昨年のラインナップに加え、新色として合皮タイプにグレーが仲間入り。
今年は新色も 〈 MUCU ONLINE STORE 〉 でも、しっかりとご紹介したいと思っています。

カレンダーやダイアリーは9月中旬頃より販売予定です。

2010.12.28
〈 MUCU 〉の仕事 ③ RN-Cレザーリングノート 前編

予定よりUPが遅くなってしまいましたが・・・
〈 MUCU 〉の仕事③はスタッフ全員が使っている程、思い入れの強いレザーリングノートです。
A5サイズの 〈 レザーリングノートL 〉 とA6サイズの 〈 レザーリングノートS 〉 の2サイズで、
色はブラウンとブラックの2色。
中紙は 〈 更紙 〉 と 〈 フールス紙 〉 の2種類をご用意しています。(フールス紙はLサイズのみ)
また専用ボックス付きで、性別や年齢を問わないギフトとしても、人気の製品です。
実はこのノートの企画段階で、私達はかなりの量の革素材を見て歩きました。
そして沢山の革を見ているうちに、強く心に残ったものが歴史を刻む様な革の傷やしわ。
革屋さんが「普通は使い物にならないから落としちゃうんだよ。」と言う、
生き様を物語るこの傷やしわも含め、この素材の個性なのではないかと考えました。
同時に、消耗品になりがちなノートですが、使い込む程に柔らかさや味わいが増し
唯一の表情に変化していく革本来の魅力を活かしたノートにしたいと思いました。
その革の魅力を最大限に活かすために、考えて考え抜いて生まれたのがレザーリングノート。
ですから革の個性と考える、傷やシワはもちろん落とさずそのまま表紙に使用しています。
ちなみに、革を広げていつも面白いなと感じるのが、同じものがないこと。
その面白みを最大限に引き出したくて、毎回革の個性を見極めながら1枚1枚ハンドカットしています。
この写真の革は、通称 〈 一癖タイプ 〉 と読んでいる、キズやシワが特に個性的なもの。
今では「革の表情に一癖あるもの!」と希望されるお客様が意外な程多くなり、嬉しく思っています。
この 〈 一癖タイプ 〉は、半頭分の革から多くて3冊分とれるかとれないか。
いつも在庫があるとは限りませんが、ご希望の方はご要望欄に
〈 一癖タイプ 〉 とご記入の上、ご注文ください。
なるべくご希望に添えるようなものを、こちらでじっくりとピックアップいたします。
実は私達スタッフも、この〈 一癖タイプ  〉 の革表紙のものを愛用。
表紙で誰の物か、すぐに見分けがつくのです。
ちなみにこのノートは、使い込まれて味わいを増していく革の変化を楽しんでいただくために
ご使用後中紙を入れ替える、用紙入替えサービスをご用意しました。
この用紙入替えサービスに関しては後編で詳しくご紹介しますね。
表紙は革の表情を楽しめるよう、シンプルにロゴの空押しのみを施しています。
このアメリカ製の無骨な箔押し機は、工場で捨てられそうになっていたものを、引き取ってきたもの。
その時はまだ 〈 MUCU 〉 の立ち上げすら考えていなかったのですが、
今では、あれに。これに。と、大活躍している、大切な存在なんです。
で。イギリス製の製本機でスタッフの手でひとつひとつ丁寧に製本を行っています。
製本で使用するダブルリングは錫引きタイプ。
実はこの錫引きダブルリングも私達のこだわりのひとつです。
流通しているダブルリングは金属のように見えても、ビニールコーティングされているものがほとんど。
そんな中でこの錫引きタイプはビニールコーティングされていないダブルリング。
時間とともに、渋みのある色へとゆるやかに変化していき、革の経年変化を引き立てます。
もともとは業者さんに依頼して組み立て済みの状態で納品を考えていた専用ボックスですが、
どうしても使いたかったテープを使ってのマシンでの組み立てが難しいことが判明。
それならば・・・ということで、スタッフの手でひとつひとつ組み立てています。
中紙は 〈 更紙 〉 と 〈 フールス紙 〉 の2種類の素材をご用意しています。いずれも方眼タイプ。
懐かしいわら半紙の雰囲気を持った 〈 更紙 〉 は、軽さや独特表情や書き心地が魅力的な素材。
ペンの種類によっては、滲みや掠れが出る場合もありますが、
それもまたこの素材のもつ魅力と、私達は考えています。
フールス紙に関しては、先日詳しくご紹介させていただきましたので、ここでは省略。
詳しくは12/ 18更新のTOPICSをご覧ください。

〈 MUCU 〉の仕事 ④ RN-Cレザーリングノート 後編は用紙入替えサービスについて、
詳しくご紹介します。お楽しみに!

〔レザーリングノートS〕 http://mucu.jp/#/products/RN-CS
〔レザーリングノートL〕 http://mucu.jp/#/products/RN-CL
〔レザーリングノートL フールス紙〕 http://mucu.jp/#/products/RN-CFL
〔 新商品?〈 レザーリングノート フールス紙 〉 のこと。〕 http://mucu.jp/topics/2010/12/

2010.12.18
新商品?〈 レザーリングノート フールス紙 〉 のこと。

〈 フールス紙 〉 をご存知でしょうか ?

明治頃にイギリスから輸入していた、道化師の帽子のウォーターマークの入った
〈 フールスキャップ紙  〉 をモデルに、現在は国内で抄紙されている筆記用高級紙です。
インク映えのするとても美しい紙で、嬉しいレイドやウォーターマーク入り。
ペン先の滑りや、インクの乾き、裏抜け等、紙との相性が気になる
万年筆との相性の良い紙としても知られています。
そして・・・万年筆愛用者の某スタッフが、食べちゃってもいい 〜!!!
と。身悶えして宣言する程、溺愛する紙でもあるのです。
一応、筆記テストをしてみました。
画像だと伝わりにくいかもしれませんが、上から、ブルーブラックインクカートリッジ式万年筆。
ブラックインク吸引式万年筆。鉛筆。ボールペン。サインペンの順番。

ちなみに 〈 MUCU 〉 の製品では、〈 ブロックノート 〉 の中紙の他に、
レザーリングノートの 〈 用紙入替えサービス 〉 の用紙としてもご用意しています。
そして、その他に・・・ 知る人ぞ知る?製品として、
直接ご連絡をいただいたお客様や、ご希望をいただいた一部の店舗などで、
密やかに販売をしていた 〈 レザーリングノート フールス紙 〉 なる製品があるのです 。

もともと某スタッフの熱い思いと勢いで作ったので生産当初は
とても少量での生産だったという経緯もあり、
これまであまりご紹介していなかったのですが・・・
最近、この 〈 レザーリングノート フールス 〉 は
〈 MUCU ONLINE STORE  〉 からオーダーできないのでしょうか?
というご質問をいただく機会が多く、新商品なのかしらん。と。
少々悩むところではありますが、この度、新商品として追加させていただきました。

もちろん、こちらも 〈 レザーノート 〉 と同様に、
〈 用紙の入替えサービス 〉  も行いますので、ご使用後はご利用くださいませ。
尚、現在着々と準備を進めている 〈 MUCU 〉 の仕事 ③ のテーマは
この 〈 レザーリングノート 〉 を予定しています。
来週には更新予定( ・・・多分 )です。お楽しみに!

〔レザーリングノート フールス〕 http//mucu.jp/#/products/RN-CFL
〔MUCU ブロックノート〕 http://mucu.jp/#/products/NB-C
〔用紙入替えサービス〕 http://mucu.jp/#/service