本文へジャンプ

MUCU ONLINE STORE – TOPICS

2010.12.18
新商品?〈 レザーリングノート フールス紙 〉 のこと。

〈 フールス紙 〉 をご存知でしょうか ?

明治頃にイギリスから輸入していた、道化師の帽子のウォーターマークの入った
〈 フールスキャップ紙  〉 をモデルに、現在は国内で抄紙されている筆記用高級紙です。
インク映えのするとても美しい紙で、嬉しいレイドやウォーターマーク入り。
ペン先の滑りや、インクの乾き、裏抜け等、紙との相性が気になる
万年筆との相性の良い紙としても知られています。
そして・・・万年筆愛用者の某スタッフが、食べちゃってもいい 〜!!!
と。身悶えして宣言する程、溺愛する紙でもあるのです。
一応、筆記テストをしてみました。
画像だと伝わりにくいかもしれませんが、上から、ブルーブラックインクカートリッジ式万年筆。
ブラックインク吸引式万年筆。鉛筆。ボールペン。サインペンの順番。

ちなみに 〈 MUCU 〉 の製品では、〈 ブロックノート 〉 の中紙の他に、
レザーリングノートの 〈 用紙入替えサービス 〉 の用紙としてもご用意しています。
そして、その他に・・・ 知る人ぞ知る?製品として、
直接ご連絡をいただいたお客様や、ご希望をいただいた一部の店舗などで、
密やかに販売をしていた 〈 レザーリングノート フールス紙 〉 なる製品があるのです 。

もともと某スタッフの熱い思いと勢いで作ったので生産当初は
とても少量での生産だったという経緯もあり、
これまであまりご紹介していなかったのですが・・・
最近、この 〈 レザーリングノート フールス 〉 は
〈 MUCU ONLINE STORE  〉 からオーダーできないのでしょうか?
というご質問をいただく機会が多く、新商品なのかしらん。と。
少々悩むところではありますが、この度、新商品として追加させていただきました。

もちろん、こちらも 〈 レザーノート 〉 と同様に、
〈 用紙の入替えサービス 〉  も行いますので、ご使用後はご利用くださいませ。
尚、現在着々と準備を進めている 〈 MUCU 〉 の仕事 ③ のテーマは
この 〈 レザーリングノート 〉 を予定しています。
来週には更新予定( ・・・多分 )です。お楽しみに!

〔レザーリングノート フールス〕 http//mucu.jp/#/products/RN-CFL
〔MUCU ブロックノート〕 http://mucu.jp/#/products/NB-C
〔用紙入替えサービス〕 http://mucu.jp/#/service

2010.12.17
〈 趣味の文具箱 〉 のこと。

枻( えい )出版社より発刊の 〈 趣味の文具箱 18号 〉 に
メタリックボールペンを掲載していただきました。
明日、12月18日発売です。ぜひご覧になってください。

ところで話はちょっと逸れますが・・・
ボールペンをご購入いただいたお客様から

大切に育てていきます。

育てています。

等々。

なんとも作り手冥利に尽きるお言葉を
ここのところ立て続けに頂戴して、本当に嬉しく思っています。

育てる。良い言葉です。
いつの日か。皆さんの暮らしの中ですくすくと健やかに育まれ、
唯一の顔をもった彼らの姿を拝見できたらな。
と。欲張りではありますが・・・願わずにはいられません。

2010.12.8
〈 小さな贈りもの展 〉 のこと。


12/10(金)~19(日)に高知県の 〈 お茶とギャラリー 1188 〉 さんで行われる
わくわくするような小さな贈りものをコンセプトに企画された〈 小さな贈りもの展 〉 に
〈 MUCU 〉 の製品の一部を出展します。
出展製品は人気のボールペンやレザーノート、ポケットブックなど。
素敵な作家さんの作品とご一緒させていただけるということで
私達もとても嬉しく思っています。

ぜひ足をお運びくださいませ。

小さな贈りもの展
期間:12/10 ( 金 ) 〜 12/19 ( 日 )( 営業時間  12:00~18:00 )
場所:高知県高知市稲荷町11-52-8
お問い合わせ:088-803-4818

〔お茶とギャラリー 1188〕 http://kouchi1188.exblog.jp/

2010.12.7
〈 期間限定ラッピングサービス 〉 のこと。

もうすぐクリスマス!と、いうことで・・・。
〈 MUCU ONLINE STORE 〉 にて、3,000円以上お買い上げいただいたお客様で
ご希望の方を対象に、12月7日( 火 )〜 12月26日( 日 )までの期間限定で
ラッピングサービスを行います。
ラッピングはこんな感じに。
お品物はハトロン紙で包んでからラッピングいたします。
ベースのラッピングは 〈 MUCU 〉 の封筒でおなじみの
〈 ターポリン 〉 に古い洋書の1ページを。
お包みするお品物のサイズによっては写真と同じように、
洋古書の紙を配することができない場合もありますが
ひとつひとつ丁寧に考えさせていただきますので、楽しみにお待ちくださいね。
洋古書も1ページ1ページ違いますので、こちらもお楽しみに。

リボンはナチュラルな麻ひもとクリスマスらしいリッチなゴールドリボンの
2種類のリボンをご用意しましたので、お好きな方をお選びください。
こちらが麻ひもバージョン。海外から届いた小包をイメージ。
こちらがゴールドリボンバージョン。高級チョコレートのイメージ。
どちらも人気のレザーノートの表紙の端材で作ったオリジナルタグをお付けします。

大切な方へのギフトとしてはもちろん
1年間頑張ったご自身へのギフトとしても、期間限定ラッピングをぜひご利用ください。


〈 MUCU ONLINE STORE 〉 期間限定ラッピングサービス

期間 : 2010.12.7 〜 2010.12.26
対象 : お買上げ合計金額 3,000円以上のお客様 ( 送料、手数料は含みません。)
申込方法 : 製品ご注文の際に〈 ご要望 〉 欄に
〈 麻ひもラッピング  〉  〈 ゴールドリボンラッピング 〉 のいずれかをご明記ください。

2010.12.4
〈 MUCU 〉の本棚 ①

〈 MUCU 〉 のスタッフは、それぞれの好みや、時々の流行りはありますが、基本的に本好き。
読むことはもちろん、装丁や紙質、肌触りや匂い、重量感も含めて、本を楽しみます。
お気に入りの1冊を持ち寄っては、みんなで読んだり、触ったり、嗅いだり・・・。
そんな訳で、電子書籍流行りの昨今ですが、どうも私達には五感への刺激が物足りないのです。
さらに、本を読む方が減っているといわれる時勢もあってか
なんだか空気ばかりで食べごたえのない本が増えてきている様な気が
するような。しないような。するような。しないような。
もちろん、時にそんな空気みたいな本も必要なのですが
作り手の力や気のこもった本というのは、共鳴度が格段に違うように思います。

と。いうことで。頑張れ本!と、勝手に草の根運動。
スタッフのお気に入りの本、今月のおすすめ本など、ジャンルを問わずに
〈 MUCU 〉 の本棚として、月に1回ペースで紹介していきたいと思います。


〈 MUCU BOOKS NO.1 〉
EARLY AMERICAN TOOLS
Photographs / Hans Namuth
Text / Marshall B. Davidson
OLIVETTI 1975

記念すべき1冊目は、スタッフ全員が大切にしている写真集から。

アメリカ建国200年を記念して、タイプライターで有名なイタリアのOLIVETTI社から
1975年に出版された、アメリカ開拓時代に実際に使われた道具のモノクロ写真集です。
フォトグラファーは、ポロックやロスコ、ジャスパー・ジョーンズ、ウォーホールのなど
現代アートの巨匠達のポートレイト写真が有名なハンス・ナムース。
この写真集の写真は、余計な背景は一切なく、道具のみをストレートに写し撮っているだけ。
ただそれだけなのに、実際に人々の暮らしの中で使われた道具の姿は、力強く、美しく。
さながら道具のポートレイト写真のようなのです。

洗練されたデザインとはかけ離れ、機能重視の無骨で粗野な風貌の道具が
堂々とした個性をもって存在してるのは何故なのか。
現代の暮らしの道具が、これらの写し撮られた道具と同じ時間を経た時に、
写真という1枚のフィルターを通してさえも伝わる、
圧倒的な存在感を放つ個性をもつことが果たして可能なのか。

私達の指標となる、大切な1冊です。

〈 MUCU BOOKS NO.2 〉
Type Cosmique 1 Serif, 2 San Serif
組版工学研究会
朗文堂 1991

11月にたまたま入った古本屋で衝動買いしてしまった
思わず笑ってしまう程、でかくて、分厚くって、重たい、2巻セットのタイポグラフィサンプルの本。
1巻にセリフ書体、2巻にサンセリフ書体やディスプレイ書体がまとまっていて、
この2冊で合計1400以上の書体サンプルが収録されています。
名作といわれる書体が余すとこなく収録されていて、タイポ好きには、そこにあるだけで嬉しい2冊。

タイポグラフィに感じる魅力は人それぞれ違うと思いますが・・・
ぴんと張りつめて、髪の毛1本程の隙もない均整を感じること。
暮らしの中でなくてはならないものでありながら、それ自体は主役になることはなく
それぞれの書体は用途や時代的背景の中で、求められる機能や美しさを徹底的に追求していること。
厳密なルールがありながらも、自由な表現ができること。
等々。長くなりそうなので端折りますが、私にとっての魅力はそんなところにあるようです。
とにかく学んでも学んでもさらに奥深く、いつまでも興味が尽きません。

で。朗文堂さんはタイポグラフィ関連の素敵な書籍が充実している出版社。
出版されている本・・・全部読みたくなってしまいます。
活版の教室も、いつか受講してみたいものです。

今回ご紹介したこの2冊の本は色々な事情があったようで
現在は朗文堂さんからは出版されていないのですが
在庫が少し残っていて、特別価格で提供していますので
興味のある方は朗文堂さんのHPをご覧になってみてください。
この特別価格ではもったいないほど、価値ある2冊です。

とは言ったものの・・・。
11月はばたばたする日が多くて、流し読みした程度で
まだこの本にじっくり向き合えていないのです。
年末までには隅から隅までなめるように読むから待っていて!
と。毎日横目で眺めながら、じりじり。
あぁ。はやく読みたい。 眺めたい。

〔朗文堂〕 http://www.ops.dti.ne.jp/~robundo/

RSS