本文へジャンプ

MUCU ONLINE STORE – TOPICS

2010.10.17
〈 ペプ 〉のこと。

PAPER WALL の店内
立川駅の駅中商業施設、エキュート立川2階にBOOK&CAFE「PAPER WALL」はあります。
東京のカフェブームの仕掛人の山本宇一さんとオリオン書房がコラボレーションした
本の持つ知の世界とカフェが持つ空間の魅力を融合させたショップ。
その一角にデザインディレクターで〈 つくし文具店 〉の店主でもある
萩原 修さんがプロデュースする〈 ペプ 〉のコーナーがあります。

紙でできた道具で暮らしを楽しむプロジェクト〈 ペプ 〉。
〈 ペプ 〉の〈 ペ 〉はペーパーの。〈 ペプ 〉の〈 プ 〉はプロダクトの。
それを略して〈 ペプ 〉とのこと。
そんな〈 ペプ 〉コーナーでは月毎に美篶堂や紙の工作所など
様々なペーパープロダクトを紹介しています。
そして10月のペーパープロダクトとして今回〈 MUCU 〉の製品を紹介していただきました。

ダイアリーやカレンダーの生産出荷をしながら様子の気になっていたスタッフ。
出荷の落ち着いた先日の休日に伺いました。
駅構内ということもあり、スピード感のあるお店なのかなと想像していましたが、
本とコーヒーの香りの漂うゆったりとした空間で
本とコーヒーは互いを高め合う組み合わせだと信じるスタッフにとっても。
〈 MUCU 〉の製品にとっても。
なんとも居心地の良いショップでついつい長居をしてしまいました。

〈 ペプ 〉のリーフレット
ところでこの〈 ペプ 〉。
紹介するペーパープロダクトにあわせて手のひらサイズのリーフレットが出ていて
今回〈 MUCU 〉の製品も萩原さんの柔らかで温かな言葉で紹介していただいています。
ショップにはバックナンバーも並んでいて、1号からいただいてきてしまいました。

〔ペプ〕 http://www.paper-products.net/
〔PAPER WALL〕 http://www.orionshobo.com/special/news/pw/pw.html
〔つくし文具店〕 http://www.tsu-ku-shi.net/

お近くにお越しの際にはぜひお立ち寄りください。

2010.10.12
〈 MUCU ONLINE STORE 〉 新商品の販売を開始しました。

2011年版のポケットブック
〈 2011年ダイアリー 〉
今年は人気の合皮タイプにイエロー、カーキ、ブラウンの3色の新色を追加しました。

ただしこちらの新色は展示会にて予測以上にご発注いただき
残念ながらオンラインショップにUPする前に完売してしまいました。

以前より仲間入りさせたいと考えていたブラウン。
鮮烈だけれど、どこかノスタルジックな印象のイエロー。
ベーシックカラーでありながら、ダイアリーとなるとなかなか見つからないオリーブ。
もともとスタッフが使いたいカラーをピックアップしてできた新色3色。
スタッフも新色を使おうと入荷時、いそいそとキープしていたのですが・・・。
このキープ分を解放してなんとか数が足りたような次第で。

新色ご希望の方はお近くの取扱い店をご紹介いたしますので
問合せメールでお気軽にお問合せください。

また定番の合皮ブラックも完売、オレンジ・ブラウンのみ若干数残っております。
その他、本革や麻のダイアリーも在庫が大変少なくなっておりますので
お早めにご注文いただければと思います。
すべて季節商品となりますので、なくなり次第販売終了とさせていただきます。

一冊一冊、丁寧に・・・。
〈 2011年カレンダー〉
書き込みできる使いやすくシンプルなレイアウトと
美しい書体にこだわったカレンダーです。

このカレンダーの製本テープはスタッフによって一枚一枚手作業で貼っています。
素材感と一年間の使用に耐えうる強度を重視した結果、
かたく張りのある麻素材を選びましたが
手貼り慣れしたスタッフでも大量に作っていると手が真っ赤になるほどのかたさ。
全数作り終えた後、赤い手を眺めてはちょっと気が早いのですが
一年早かったねと話すのが毎年の恒例になっています。

こちらもダイアリー同様なくなり次第販売終了となりますのでお早めにどうぞ。

金属磨き材〈ピカール〉
〈ボールペン〉
以前からつくりたいと考えていた素材をそのまま楽しめ、
使い手との時間の中で、変化し成長していく金属製のボールペン。
職人さんと試行錯誤の末、ようやく納得できるものが出来上がりました。

一本の金属棒に見えるように。とお願いして
職人さんに一本一本削り出しで作成を依頼。
サンプルが届いた時、依頼したスタッフですらキャップと本体の継ぎ目が
わからなかったほどの仕上がりで、日本の職人技の精巧さに思わず溜め息。

もちろんパッケージもひとつひとつスタッフのハンドメイド。
型抜きしたり、枚数分重ねたり、ラベルを貼ったり、ナンバリングをうったりと
なかなか手の込んだパッケージになりました。

尚、この製品は素材そのものの色や傷、経年変化していくその様を
その素材の魅力として考えて、あえて表面加工を施していません。
ですから変色や錆が生じる場合もございますが、製品の特性上あらかじめご了承ください。
汚れや錆が気になる方は、金属磨き剤等で一ヶ月に一度程度を目安にお手入れしてください。
ちなみに私たちは〈 PIKAL( ピカール )〉を愛用。
レトロなパッケージデザインとなんともストレートなネーミングのこの〈 PIKAL 〉は
クロスに少量つけて磨くと素材のもつ自然な艶が出るので重宝しています。
出荷前の検品の際には一本一本この〈 PIKAL 〉で磨き上げてから箱詰めしています。

専用リフィルは全国の文具店等で手に入る〈 三菱SE-7 〉を使用しています。

2010.7.6
MUCU ONLIN STORE をオープンします。

このサイトはステーショナリブランド 〈 MUCU 〉の公式ショップです。
PRODUCTSより 〈 MUCU 〉 のオリジナル製品をご購入いただけます。
またこのTOPICSでは今後、製品が出来上がるまでのバックグラウンドや、
アフターケア、製品に使用される素材についての解説など、
〈 MUCU 〉 の製品に関わるあらゆる情報を幅広くご紹介していきたいと考えています。
〈 MUCU 〉 の魅力を、より深く知っていただく為のガイドとしてご利用ください。

RSS